野鳥記録簿 「キビタキ雨やどり」 (2017.06.20)


5/14 珍しくキビタキさんが来て雨やどり。

うちには過去に2回くらい来たような来ないような・・・。

オンコの中で何時間もボーっとしてた。

こちらをチラリ・・・。

時々、地面に降りては虫ゲット、またオンコへ戻る。

冬は赤道付近で越冬し、夏には四国〜本州〜北海道〜樺太あたりまで北上して繁殖する。

うちではほとんど見かけないけど、♀は地味色なので見過ごしてる可能性が高いわね。


5月に入り、ツグミが続々と集結。

5/12 を最後に姿を消す。

シベリア超特急になった模様・・・。


5/5 モズが渡ってきた。

今年も庭の垣根に巣を作って大暴れする気だ。


5/8 これはオオカワラヒワの方かな?

そろそろカムチャッカ行きか・・・。


巣の近くで単独警戒中、相方は抱卵中かな?


5/14 アカハラが渡ってきた。

ツグミとエサ場がバッティングするのか、毎年ツグミが渡って行くまでうちに来ない。


5/18 折り詰めお持ち帰り。

今年の1期生が孵化したようだ。


5/19 アリスイが渡ってきた。


ノビタキも渡ってきた。

近くに♀もいたのでカポーかも・・・。


ドボン!

うおぉぉぉぉおおおおお!

毎日どころか1日に何度もお風呂に入る。

鳥は人間よりキレイ好き。


5/21 八重桜が満開。

なぜかエゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)やソメイヨシノより2週間くらい遅れて咲く。

ところで、開花宣言に使われる標本木は全国的にソメイヨシノだが、道東や道北の標準木はエゾヤマザクラになっている。

寒さに弱いソメイヨシノは北海道では厳しくて、うちのも花が少ないのよねー。


6/4 今年の第1期生が巣立つ。



− おしまい −