野鳥記録簿 「エサ・・・」 (2009.04.27)


うぎゃ〜! 4月26日に突然の積雪10cmオーバー。

32年ぶりの遅い積雪記録だそうだ。

ちゅんこの巣作りが始まったばかりなのに・・・。

これは、きっと大氷河期の前触れに違いない!

それはさて置き、定額給付金で500GBのNAS購入。

OSも W2K⇒XPへ・・・。 容量問題とりあえず解決!


いつもあげているエサ。

乾燥ごはんの物語り。

6年前ぐらいだったかな? 知人の引越しがあり、要らないモノを色々と引き取ることになった。

押し入れの中を物色していると、大きな飼料袋を発見。

側面のメモには「S52」とか「S55」とか書いてある。

中身を見てみると、なんと乾燥ごはん。

どうやら2度目のオイルショックが来た時に 「将来必ず食糧不足がやって来る!」 と感じたらしい。

ゴハンの乾燥保存作業を数年続けていたようなのだ。

この危機感と行動力。 さすが戦中派である!

この乾燥ゴハン、今でいうアルファ米の元祖で、水に浸せば普通の「ごはん」に早変わりする非常食なのだ。

んまぁ〜、この乾燥ゴハンが出てくる出てくる、30kgの飼料袋が8つ、計240kg。

さすがに30年近く眠っていたので臭くて食べられません。

てなわけで、鳥のエサに・・・。

近所のバードフィーダー持ちに数袋ほど押し付けたが、使い切るのに何年かかるやら・・・。


ちゅんこの春、ピコピコ、追いかけっこ、巣探し、巣材探し。

これらの行動は順番に始まるのではなく、同時にスイッチが入るようだ。

つまり、全行動同時に練習スタートし、順次本番へ切り替わるというシステムだ。

「おまい、巣も相手もまだなのに、なに巣材持ってんだ !?」

というちゅんこをピコピコ開始と同時期に見るからだ。


今年は、ハシブト&ゴジュウカラが来なかったな・・・。

4月に入り、キジバト、ウグイス、アリスイが鳴き出した。

ツバメが1羽だけ飛んでたような飛んでないような・・・。

ヒガラが4月前半あたりで姿を消す。


オオカワラヒワが巣材を咥えている。


投げたみかんをサーベルで刺す、アレか! (ヒゲダンスね)

ここでは繁殖しないクセにぃ〜、練習だな・・・。


ハクセキレイも渡ってきた。

畑を耕すと高確率でやってくる。

土がひっくり返って虫が出てくるからだ。

耕すと土の色が変わるので、それを見極めてるっぽい。

網を引く漁船の後ろをカモメが追尾するように、ハクセキレイもトラクターの後ろをテケテケ追いかけてゆく。


モズも渡ってきた。

結構、若そうな感じ。 半年モノかしら〜?


なにやら、木のてっぺんにいる。

そのうち、庭にやって来た。

コムクドリさんも渡ってきました。


アカゲラ、久々参上〜!

あちこち隙間を突付きまくります。


ヒヨドリ、エゾムラサキツツジをチューチュー吸う・・・。



− おしまい −