野鳥記録簿 「季節が変わる」 (2008.10.29)


10月も終盤、気が付けばモズがいない。

カワラヒワもほとんど姿が見えない。

南へ渡って行ったようだ。

代わりにカラ類が続々集結。

先日、ヤマガラの下山を確認、オンコに夢中。

シジュウカラは黒松などのマツボックリに夢中らしい。

しばらくヒマワリの皿を出していたのだが、不人気なので撤収した。 そしたら・・・、

あれ?ここヒマワリあったよなぁ・・・

皿を固定していた台座を見ながらシジュウカラが?マークを連発していた。

まだ自然のエサが豊富なので、ヒマワリを無視している思っていたが、しっかりと場所チェックしていたのね。


ここ3週間ぐらいシメの姿を見なかったのだが、急に3羽やって来るようになった。

オンコが目当てのようだが、ヒマワリマシーンを出してみるとすんなり適応して食べ始めた。

うちの常連さんらしい。 ご新規さんはヒマワリマシーンに戸惑うからすぐ区別がつく。


− その他 −

ヒヨドリが集団化。

カケスが2羽来ている。

ハイタカがちゅんこ狙って毎日巡回。

トビも低空でクルクル。

柿の実が色付いて来た。 釣り糸を1本だけ頭上に通すとカラスが近寄れない。 ヒヨドリには効果なし。

− おしまい −