野鳥記録簿 「おこぼれ頂戴!」 (2007.02.05)


シメはヒマワリなどの種子類をバリバリ割って大雑把に食べる。 そのため、ポロポロと食べカスをよく撒き散らす。
当然、ちゅん達はそれをよく知っている。

シメの口からヒマワリの残骸がポロリと落ちると、残像を残して猛ダッシュ! ちゅんお得意のヒット&アウェイ食いでおこぼれゲットでちゅんよ。

タイミングが遅れると、他ちゅんに先を越されたり、シメの逆鱗に触れて追い回される事もある。

一瞬の隙を突くためには、常にベストの距離を保ちつつ、シメの後を何食わぬ顔で追尾する。

そして、シメの一挙手一投足を横目でチラ見しながらチャンスを伺っているのだ。

なぜ、そこまでしてヒマワリが食べたいのか?
やはり栄養価が高いのか?
エサ台に古米が残っていても、シメがヒマワリを食べ出すとそっちに群がるのは、やっぱそうなのか?

− おしまい −