野鳥記録簿 「ハシブトガラ と コガラ」 (2006.12.03)


最近、毎日のように顔を見せるこの子。

ハナから「ハシブトガラ」と決め付けていたが、最近になって「実はコガラだったりして・・・」と不安になってきた。
てなわけで、ちょいと図鑑で調べることにした。

しか〜し、デザインがソックリな上に北海道では生息域がカブってるときたもんだ。 野外で見分けるのは事実上不可能だとさ・・・。

とりあえず、写真、鳴き声、行動など、細かい点を比較してゆこう。

1.ハシブトガラは河川や湿地帯の林で数多く見られる。

うち、近所に川あるよ!

2.ハシブトガラは冬に他のカラ類と混群になることあり。

確かにシジュウカラに付いてやってくるわ。

3.ハシブトガラと言うだけあって、クチバチがやや太い。

微妙すぎてわかんね〜。

4.ハシブトガラの頭上の羽毛には光沢がある。

たしかにテカッてるように見える・・・。

5.次列風切が白っぽい。

これは全然わからん!

6.尾羽の先端が丸いとコガラ、四角いとハシブトガラ。

丸くはない・・・。

7.鳴き方、ハ-ガラ → チッチッ、ジュージュー、フィッチヨチヨ。
        コ-ガラ → ツイッツイッ、チチーチチーチチー。

これは個人の主観で表現が違うから難しいけど、「フィッチヨチヨチヨ」にかなり近い鳴き方はする。
「ジュージュー」という表現には同意しかねるが、ヤマガラに似たカン高い金属音で、二重和音を出す笛をフィーフィー吹いたような音はする。 文字では表現できましぇ〜ん。

もう、めんどうなのでハシブトガラでいいです・・・。


11/30ぐらいからゴジュウカラが来るようになった。
カラ用ヒマワリマシーンに興味を示すも、しくみが理解できず右往左往・・・。
シメ用ヒマワリマシーンを増設して対応する。
アカゲラ並みに垂直大好きのようで、水平な場所では居心地悪そうにしている。
噂通り、逆さま状態で木から降りてくる。

− おしまい −